攻撃は最大の防御

旧ブログ「カートでがんばる」と統合しました




スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--/--:--:--  スポンサー広告/CM(-)/TB(-)/









ケッキングの特性をカバーする方法
前の記事ではケッキングが如何に高い種族値を持っているかを書きました。
今回は特性「なまけ」を如何にしてないものにするかを考えていきましょう。

前提として、これはシングルバトルのお話です
ダブルならスキルスワップありますが
シングルでは相手がスキスワしてくることなんてそうないのでこれは使えない

まず特性なまけの説明を・・・
ケッキングが場に出た最初ターンは
「通常のポケモンと同じように行動することができる。」
行動した次のターンは
「技を選択しても行動することができません」

このように2ターンに1回しか行動をとることができません。
しかし例外として「ポケモン交換は可能」
バトルでは関係ありませんが、旅プレイなどのときは
道具を使うこともできますし、逃げることもできます。

この交換できるということがどれほど重要か?
当然ケッキングが何も行動できないターンは相手の攻撃を一方的にくらうことになります。
いくらケッキングの自慢の耐久でもこれでは活かしきれませんよね!

そこでケッキングの体力をなるべく温存しつつ戦うにはどうすればよいか
そうです、ポケモンというゲームは個人プレイではなくパーティプレイ
後ろにいいポケモンが控えているではありませんか

ここでオススメするのは
もう役割を終えて傷ついたポケモン
例として
・タスキで耐えてHP1の状態だが相手のメンバーが全員先制技もちで出番がない
・土俵作り(天候を変えたり壁を張ったり)を終えおそらくもう出番がないであろうポケモン

普通このようなの状況なら後続にダメージを与えたくないので
捨てて次のポケモンを出したいところですが

今回は上の例で説明します。
この場合、先制技が飛んでくるケースが多いので
それを読んでケッキングを出しましょう 
先制技程度のダメージなら何の問題もないはずです
あとは簡単です
「目の前のポケモンをケッキングの圧倒的な種族値で倒します」
そして次のターンに先ほどの傷ついたポケモンに交代をしなまけターンをリセットします。
再びケッキングを出します。

おそらくこの時点で
タスキを持ったポケモンが1匹持っていったことを前提とすれば
相手のポケモンは1体
こちらのポケモンは2体(先制技を1発食らったケッキング、無傷の控えのもう1匹)
圧倒的有利な状況の出来上がりです!

カンのいい人は気づいていると思いますが
ケッキングの攻撃で落ちなかった場合やばくね?
そうなんですよね、この話は次回ということで!

↓特性「なまけ」についての補足を少しだけ追記に書いておきます↓



補足です

元々次のターン行動を選ぶことすらできない「ギガインパクト」等を選択した場合
他のポケモンと同様交換という選択肢などの他の選択肢は選べません
↑地味に大切なことなのでこの話はまたいつか↑

ケッキングが行動可能なターンにひるみや麻痺によって行動できなかった場合でも
「次のターンは行動することができません」

行動できないターンに攻撃技を選んだ場合
「相手のふいうちはヒットします」

なまけターンに優先度が高い(低い)技を選んだ場合
「本来行動するタイミングでなまけているのメッセージが表示される」

以上です!
2011/02/23/22:14:51  ポケモン/CM:0/TB:0/







new : 抽選王企画!
MAIN
old : ケッキングの種族値
COMMENT
COMMENT POST
/
/
/
/



 
 内緒です♪

TRACK BACK
  この記事のトラックバックURL:
   http://hideromask2.blog91.fc2.com/tb.php/43-bd5ad514



MAIN






copyright © 2006 攻撃は最大の防御. All Rights Reserved.
Template Title : 紅 ~くれない~  Ver1.1
by TAE-3rd☆テンプレート工房

  










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。